ウイイレ2016とFIFA16のどっちがいい??

ウイイレ16とFIFA2016間もなく発売となる、大人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2016」と「FIFA 16」の体験版がダウンロード可能となってましたので、手持ちのPS3に入れて実際遊んでみました。

まずは「ウイイレ2016」から

2015で大きく進化した操作性をさらに進化させ、よりリアルで楽しめる操作ができるようになってます。パス・シュートの強弱、方向性の操作はよりシビアになって、適当に蹴ってもパスが繋がるってことはなくなったような気がします。慣れるまでは少し時間がいりますが、慣れたらよりリアルになったウイイレを楽しめるようになる筈です。スキルの出し方も少し変わってますが、大丈夫でしょう(シャペウは何もしなくても出たような気がしますが、気のせいかな??)。ウイイレ2016

上記わかりにくい写真で申し訳ないのですが、着用スパイクもきちんと今シーズン(2015-2016)のものを着用しており、こだわりが感じられますね。ちなみに写真のラーム選手はアディダスの新シリーズのエースを着用しております。

また「ウイイレ2016」は、Gamescomという世界的なゲームの見本市で、2年連続ベストスポーツゲームアワードを受賞し海外からの評価もかなり高いようです。

世界的にはFIFAシリーズに押されてましたが、かなり盛り返してきましたね。KONAMIさんささすがです!

個人的には昨年リリースされたウイイレ2015では可能だった、ボールと全く関係ないところでの相手選手へのタックル(スライディング)ができなくなってたのは残念ですが、完全に進化の証ですね(笑

発売日は2015年10月1日(木)

ウイイレ2016公式サイトはこちらから→http://www.konami.jp/we/2016/index.php5

続いて「FIFA 16

FIFAシリーズの魅力はなんと言っても、使用できるチーム数です。香川選手が所属するドルトムントが使えるのは、FIFAシリーズのみです。唯一の弱みは、Jリーグのチームくらいです(Jのチームは数チームだけです)。さらに今シリーズからは、女子代表チームが使用可能となっており収録チーム数はどんどん増えています。

せっかくなので女子チームでエキシビジョンをやってみましたが、意外と普通に楽しめました。女子チームは女子チームとしか対戦できないようになってて、その中での操作なので男子チームを使ってる感覚とあまり差がないような感じた。見た目もかなり似ており、アメリカ女子代表のモーガン選手は動きまでかなり作りこまれてました。どうやら男子選手動きの使い回しではなく、実際ちゃんとモーションキャプチャーをつけて新たに動きを収録したようです。

操作については、ウイイレの操作に慣れている人は最初かなり戸惑うと思います。コントローラは設定すれば同じように使えますが、ウイイレより多くのスキルが使える分、何も出せないとゴールを取るのが相当難しくなります。

世界的にはまだまだFIFAシリーズが人気なので、オンライン対戦で知らない外国人と対戦するなら「FIFA16」がいいかもしれません(個人的にはコテンパに負けることがおおいので、オンラインはあまりやりません)。

発売日は2015年10月8日(木)

公式サイトはこちらから→https://www.easports.com/jp/fifa/new-ways-to-play

現状、気軽に皆でやるなら「ウイイレ2016」、やり込むなら「FIFA16」かなーと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする