[初心者応援企画] 意外と知らないインソールの効果

サッカーシューズのインソール(中敷き)には足を着地の衝撃から守るという重要な役割があります。とりわけ成長途中の子どもには必須のアイテムです。

足の裏は体を支えるためにアーチ構造になっています。アーチにより浮いている部分が土踏まずです。このアーチがきちんと機能している足は、接地の時にクッション性を発揮し衝撃を吸収できるようになっていますが、疲労や筋力の低下などでアーチが沈んでしまい適切に機能しなくなると、さまざまな問題が生じるようになります。

そして成長期の子どもは土踏まずの形成が未発達です。地面からの衝撃をしっかりと吸収できない足でダッシュやターンを繰り返すと、かかとの軟骨部に炎症が起こる踵骨骨端症(シーバー病)になる恐れがあります。痛みがひどいと歩行も困難になってしまいますが、インソールでアーチとかかとをサポートすることで予防できます。

大人でもスパイクシューズを履くときはインソールが必要になります。スタッド(突起)が付いているスパイクは靴底の接地面積が小さく、その分地面からの衝撃(突き上げ)が強くなります。さらにスパイクのアウトソールは硬い樹脂製のものが多く、衝撃が直接足にかかれば怪我をするリスクが出てきます。インソールは突き上げを緩和し足の負担、疲労を軽減するのにも有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする