[初心者応援企画] サッカーをはじめるときに必要なもの

ここ数年小学生の野球離れが深刻だといわれている中、子供のサッカーの人気はここ10年でも上昇していると言われています。周囲を見てもサッカーを選んでいる子の方が多くないでしょうか。ここではサッカーを始めるにあたり、最低限必要になるものを紹介していきます。

サッカーボール

一般的に中学生以降で使うのは5号球ですが、小学生はひと回り小さい4号球を使います。初心者向けの4号軽量球というのもありますが試合では使用しません。幼児にはさらに小さい3号球が推奨されています。

サッカーシューズ

スパイクシューズは足にかかる負担が大きいため、幼児~小学校低学年の間は使わない方がいいです。トレーニングシューズを買えば試合でも練習でも使用できます。靴紐が結べない小さい子はマジックテープのシューズ(ベルクロタイプ)が便利です。体育館で練習する時は室内用のフットサルシューズを使ってください。

練習着

プラクティスシャツ、ショートパンツ、靴下の3点です。軽く伸縮性があり、洗濯しても乾きやすい速乾性の素材のものがおすすめです。靴下はつま先やかかとが補強されているサッカー用のものを、ユニフォームの色に合わせて用意するのがいいでしょう。チーム、クラブ指定の練習着がある場合もあるので購入前に確認しましょう。

すねあて

レガース、シンガードともいいます。接触時のケガ防止のための防具で、試合ではこれがないと試合に出れないことがほとんどです。ハードタイプとソフトタイプがあり、衝撃吸収力はハードタイプの方が優れていますが、幼児~小学校低学年は足にフィットするソフトタイプがおすすめです。

水筒

遠足用の小さい水筒では足りません。熱中症予防のためにも1L~1.5Lのスポーツボトルを用意しましょう。夏場は飲物がすぐ温くなるので保冷機能のあるステンレスボトルがおすすめです。大容量のスポーツジャグもあります。

バッグ

上記の道具を入れるためのものです。小学生用のサッカーバッグの多くは両手が空くリュックサックタイプです。ボールとシューズを別に収納できるものなら他の荷物が汚れません。

この他に、秋冬にはアンダーウェア、ピステ、ベンチコートなどの防寒用アイテムが必要になります。

以上のものを挙げましたが、お子さんによっては始めたものの合わないということですぐ辞めてしまうことも十分に考えられます。なので最初はシューズ、練習着、ボール、すねあての最低限4つを揃えてあげて、慣れてきたらその時々に応じ他のものも用意してあげるのがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする