[初心者応援企画] オフサイドとは

サッカーに慣れ親しんでいない人にとって、オフサイドは分かりづらいルールではないでしょうか。オフサイドは簡潔に言うと、攻撃側の選手が守備側のエリアで待ち伏せするのを禁止するためのルールです。

オフサイドは守備側のオフサイドポジションで発生します。オフサイドポジションとは

1.敵陣エリアで
2.ボールより前(相手ゴール側)で、
3.ゴールラインから2番目に近い相手チームの選手とゴールラインとの間のエリア

のことです。
ゴールラインから1番近い選手はほとんどの場合ゴールキーパーなので、大抵は相手チームのディフェンスで1番後ろにいる選手とゴールラインの間のエリアを指します。
オフサイドポジションの境界線をオフサイドラインといい、副審は試合中オフサイドラインを追って移動しています。

オフサイドポジションに入ること自体は問題ありませんが、以下の行為をすると反則となります。

・攻撃側の選手が出したパスを、オフサイドポジションにいた味方が受け取る。

・攻撃側の選手がボールを蹴った時に、オフサイドポジションにいる味方が相手選手のプレーを邪魔する(動きを妨げる、進路を妨害する等)。
またゴールキーパーの視線をさえぎる位置に立つなど、そこにいることで有利になる場合も違反となる。

・攻撃側の選手がシュートしたボールが、ゴールキーパーにはじかれたりゴールポストに当たるなどして跳ね返り、それをオフサイドポジションにいる味方が触る。

オフサイドの違反をすると、違反の起きた地点からの間接フリーキックが相手チームに与えられます。

ただし、ゴールキック、スローイン、コーナーキックの場合はオフサイドポジションにいる選手がボールを受けても反則にはなりません。また、パスが出た瞬間にオフサイドポジションにいたかどうかで判定するので、パスが出た後にオフサイドポジションに移動しボールを取るのは違反ではありません。

オフサイドはサッカーのルールが誕生した時すでに相当する規定がありました。ではもしオフサイドのルールがなかったら試合はどうなるのでしょう。

相手のゴール近くに味方の選手を常に置いておくことができるようになり、ボールを奪取したらその味方にロングパスを渡せばいいということになります。それを両チームがやると試合はロングパスの蹴り合いになり、ドリブルやパス回しを使った中盤での攻防はなくなると予想できます。

オフサイドのルールがなくなったら、サッカーというスポーツは現在の形ではなくなってしまうでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする